インクジェット印刷

ガーメントプリンターを使用したインクジェット印刷 一般的なプリンターのように、特殊なプリンター(ガーメントプリンター)にTシャツをセットして印刷をいたします。 熱転写印刷ではポリエステルにしか印刷できないのに対して、インクジェット印刷では綿や白トナーを使うことで濃色にも印刷が可能です。 フルカラーで印刷ができるので、ペットの写真やグラデーションなどにも対応できます。 トップ画像 インクジェット・アイロンプリント可能! ギャラリー インクジェット印刷の特徴 メリット ①フルカラー印刷が可能 ②1枚から作れるから少数ロットにお勧め ③サイズ変更に合わせて印刷サイズも変更可能 デメリット ①枚数が増えても価格が変わらない ②発色がシルクスクリーンよりは落ちる ※特に濃色ボディーに印刷する場合はしみこむと多少発色が悪い ③印刷位置や細かい指示はしにくい 5枚作った時の例 (ボディー代+印刷代)×枚数+手数料 ・・・・手数料は振込手数料と送料で1,000円とする 作成までの流れ ①デザイン要望の確認 ②ボディーの種類、サイズ、色、枚数の決定 ③印刷場所の確認 ※細かい指定はできません ④作成 ※④作成を始めるとキャンセルはできません その他 熱転写とインクジェットの違いは何? 熱転写 転写用のインクを使用し転写シートに印刷したものを、印刷面をTシャツに貼り付けプレスすることで、インクだけがTシャツに移る、転写方法 ポリエステルのみ印刷が可能。 運動系のユニフォームなどに使用されることが多い。 アイロンプリント 特殊なシートに印刷したものをTシャツに張り付け、プレスする方法。 伸び縮する素材に印刷すると、シートが破けて、デザインが崩れやすい。 納期が早いのと、コストを抑えられるため、記念品としては有効だが、 何度も洗濯をすると、シートが劣化したり、剝がれることがあるため、飾り用や、トートバックなどでは有効  
タイトルとURLをコピーしました