ラバープリント印刷

カッティングステッカーのようなプリント方法 ゼッケンや、名前などで使用することが多い 張り付いた感じになるため、素材感が変わる。 色は調合などができない為、一般的な色になりやすい。 やんちゃなラメ入りシートなどを使うことでインクとは違う風味を出すことも可能 トップ画 ギャラリー ラバープリントの特徴 メリット ①ゼッケンや名前なと1枚づつのカスタマイズが可能 ②素材が変わるため、インクとは一味変わる デメリット ①貼り付けになるため、貼り付けるボディーによって耐久性が変わる ②伸び縮みする素材に印刷する場合、シートが割れる可能性がある ③2㎜以下の細い線は作成できない。 ④プレスをするため、熱に弱い素材もNG 作成事例 3枚作製 (ボディー代+シート代+プレス代)×枚数+手数料 組み合わせ次第でオリジナルを! 表をシルクスクリーンで裏をラバープリントなど組み合わせることをお勧め! 名前やゼッケンなどはラバーが得意! 枚数やデザイン、やりたいことから印刷方法を最善の方法をご提案いたします。
タイトルとURLをコピーしました