シルクスクリーン印刷

シルクスクリーン印刷の事 一般的な印刷方法になります。枚数が多くなるほど、一枚当たりの単価が抑えられるため、イベントやユニフォームなどによく使われます。 版を作成するため増刷をする場合や、インクの種類や加工の方法によって再現が豊かです。 耐久性も高い為、記念品にもおすすめ トップ画像 ギャラリー写真 シルクスクリーンの特徴 メリット ①版を作ってしまえば、増刷するときに安く済ますことができます。 ②大量に作るほど1枚当たりの価格が抑えられる ③耐久性が高い ※30枚以上を推奨 デメリット ①多色刷りをすると版がそれぞり必要になる。 ②少数作成には向かない ③ナイロンに印刷ができない 30枚作った時の価格サンプル 価格表 作成までの流れ ①デザイン打合せ ②印刷位置を決めます。 ③サイズやボディや色、サイズ、枚数を決める ④お見積り ⑤ボディ取り寄せ ⑥版作成 ⑦プリント ⑧完成-お渡し ※⑤ボディー取り寄せ後のキャンセルはできません。 サンプル作成の場合、版作成とプリント費用が掛かります。 ⑥Tシャツ作成後は版をお返しいたします。 増刷する場合は、ご持参のうえご依頼お願い板います。 版を破損されると印刷できない場合がございます。 ⑦両面印刷でサイズが大きい場合、印刷部分同士がくっついてしまう場合があります。 保管には十分注意をお願いいたします。 ※もし張り付いてしまった場合、ドライヤーなどので温めながら剥がすようにしてください。 各名目の説明 デザイン 出来上がりが1㎜以下の線はかすれなどが出る可能性がある。 抜きデザインは2㎜以上の抜きがあることを推奨 べた塗はインクで重く、ごわごわした感覚になる。 べた塗部分は模様をつけるなどをしてインクを減らすとよい 版 シルクスクリーンの場合、版を作成し、手ですることで大量に安くすることができます。 ボトム Tシャツ・パーカー・スウェット・エプロン・ブルゾン・タオルなどに印刷できる ・・・有名どころの写真と説明 ナイロンには印刷できない。 プリント 綿に印刷する場合は、通常印刷 縫い目から2センチは外してデザイン 最大サイズ 横30cm縦35cm 作成の際には一番小さいサイズで検討を進める べた塗印刷は印刷工賃が割り増しされる
タイトルとURLをコピーしました